変わらぬ「伝統」を味わう▶

変わりゆく時代の中で、味と想いを受け継ぎ、変わらず守ってきた老舗店たち。時代を超えてまちの人々に愛されつづける、熱田の味を堪能してください。


ひつまぶし発祥の店に伝わる一家相伝の味

 あつた蓬莱軒 本店

1873年創業の、言わずと知れたひつまぶしの名店。甘辛く絶妙な味わいのタレは創業以来継ぎ足しのもので、家族のみに口述で伝わる門外不出の味です。食材・技術に妥協しないことはもちろん、容器や炭といった細部までこだわりがあるそう。いつ訪れても変わらぬ味を提供し、この先も常に変わらない「熱田の味」でありつづけることをめざしています。

 

あつた蓬莱軒 本店

住所:名古屋市熱田区神戸町503
電話:052-671-8686
営業時間:11:30-14:00(L.O.) 16:30-20:30(L.O.)
定休日:水曜・第2・4木曜(祝日の場合は営業)
メニュー:ひつまぶし 3,600円(税込)


弟子たちの指針であり続ける「究極の蒸し料理」

 天ぷら割烹 井善

1873年創業、6代続く歴史ある天ぷら割烹。天ぷらは、「食材が衣の中で蒸される究極の蒸し料理」とのこと。旬の素材を、ナタネ油のみでさっぱりと揚げる天ぷらは、箸が止まらず、いくらでも食べられます。レシピは残されていないそうですが、先代の下で修業した料理人が食べに来た際の、満足した表情を見ると、先代の味を受け継いでいることを実感するそうです。

 

天ぷら割烹 井善

住所:名古屋市熱田区神宮2-10-11
電話:052-671-4888
営業時間:水~日曜 11:00-14:00 16:00-21:00(L.O.20:30)
定休日:月・火曜
メニュー:鯱鉾(しゃちほこ)天丼 3,000円(税込)

 


伝統の味をお土産でも

これぞ「本物」の手作り蒲鉾

 大矢蒲鉾商店

手作りで、おいしく安全な「本物」の蒲鉾を作り続けて150年以上。熱田ゆかりの信長にちなんだ朱色の板付き蒲鉾は、質の高いスケトウダラを使っています。種類豊富な揚げ蒲鉾は注文を受けてから揚げるので、いつでも熱々が買えます。

 

大矢蒲鉾商店

住所:名古屋市熱田区白鳥2-8-12
電話:052-671-4664
営業時間:11:00-18:00
定休日:土・日曜・祝日
メニュー:名古屋朱色かまぼこ 250円(税込)

 


香りを追究した贅沢ブレンドほうじ茶

 妙香園 本店

妙香園のほうじ茶は一般のものと違い、一番茶も贅沢に使ったブレンド茶。色の明るさと香り高さが特徴で、茶葉から漂う芳ばしい香りは、遠くからでもわかるほど。名古屋特有の味の濃い料理にもぴったりです。

 

妙香園 本店

住所:名古屋市熱田区沢上2-1-44
電話:052-682-2280
定休日:月~土曜 9:00-19:00 日曜 9:00-18:30
メニュー:強火ほうじ茶 150g 567円 / 300g 1,031円(税込)


心も「きよめ」る熱田詣りの定番土産

 きよめ餅総本家

「きよめ」の焼き印がトレードマーク、皮がもちもちの「きよめ餅」。戦前に創業し、今では季節や人生の節目の定番和菓子になりました。よく伸びる皮と、ぎっしり餡子は思い出とともに懐かしい味として、世代を超え愛されています。


 

きよめ餅総本家

住所:名古屋市熱田区神宮3-7-21
電話:052-681-6161
営業時間:8:30-18:00
定休日:なし
メニュー:600円(5個入り)(税込)

 


見えない部分こそが価値

 亀屋芳広

創業70年の和菓子屋で、素材や毎日の餡づくりの技術など、見えないところまで一流。オススメはシナモンの風味がきいた「不老柿」と、伊勢いも100%の皮が自慢の「上用饅頭」。職人が直々に教える和菓子作り教室も行っています。

 

亀屋芳広

住所:名古屋市熱田区伝馬町1-4-7
電話:052-671-3707
営業時間:月~土曜 8:30-19:30 日曜・祝日 8:30-19:00
定休日:なし
メニュー:不老柿 140円 上用饅頭 150円(税込)

PAGE TOP